Posted by at

2011年03月24日

子供と仕事





まだまだ寒い日が続きますが、冷たい風に負けず3月を乗り切りましょうねicon77

4月の春はもうすぐそこまで、やって来てますから。

居酒屋くう達者のお客様の中には、最近出産された方や小さい子供も

2~3人いらっしゃる方が多いのですが、

共稼ぎの方など、仕事中の子供の世話は近所のご両親や知人に、

お願いしている人もいますが、そういう人がいないお母さんは、

とても困っているそうです……。


この国のこれからを支えるために、出産や育児を国や社会がサポートすることは、

本当に必要だと思うんですよね。

逆に、新しい命の誕生に携わる産科医療では、過酷な労働や医事紛争が多いこと

などから産科医が減っています。

このことは社会問題にもなっていますよね。

そんな中、『産科医療補償制度』がスタートしました。

これは出産に関連して重い障害(重度脳性麻痺)を発症してしまった赤ちゃんと

その家族を金銭的に補償する制度です。

ニュースでご存知の人も多いと思います。

産科医療補償制度は、この制度に加入している病院、診療所や助産所(分娩機関)

でお産をする妊婦さんが対象になります。

日本医療機能評価機構のウェブサイトで、補償の対象や除外の条件なども

詳しく確認できますので、出産を控えている方はぜひ一度ご覧になってください。

その施設が制度に加入していれば、制度のシンボルマークが施設内に掲示されます。

マークが確認できないときは、施設に直接聞いてみるのが確実だと思います。


 子供を自分の職場に連れて行けて、面倒を見れる方ならいいでしょうが、

中々そう言う職場は少ないですから、やっぱり出産や育児の環境を整える

社会的な仕組みづくり、是非やってもらいたいと思っています。


主婦は大変何だから。


今日の一言

新友・親友・心友

有難いねえ。
  


Posted by くう達者 at 11:59Comments(0)出来事