Posted by at

2010年11月01日

ビタミンCは、みかんで!





みかんの美味しい季節に成ってきましたね。

今日は、みかんの豆知識を書いて見ますね。


icon76みかんの選び方は、

専門家によると、形は球形に近く、オレンジ色が濃いものがおいしいそうです。

大きさはあまり大きすぎないもの。表面がぶよぶよしていなくて、

中身がしっかり詰まった感じのもの。また、ヘタの中心の軸が太かったり、

色が黒ずんだりしているものは避けたほうがよいそうです。


icon76みかんに含まれる栄養と期待される効果

ビタミンCみかんにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCには、風邪に対する免疫力を高める、日焼けやシミ・ソバカスの原因になる

メラニン色素の沈着を抑えて、美白を保つ、血管を丈夫にする、動脈硬化を防ぐ、

などさまざまな働きがあります。みかんを1日に2個食べれば成人が1日に必要な量の

ビタミンCが摂取できるといわれています。また、みかんにはビタミンCの働きを助ける

シネフリンという物質も含まれています。


ビタミンAとヘスペリジン
みかんにはビタミンAやヘスペリジンも含まれています。

ビタミンAは夜盲症を防いだり、鼻や喉、肛門などの粘膜の働きを整えたり、

肌の潤いを保ったりする働きがあります。一方、ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、

ビタミンCの働きを助ける、毛細血管を丈夫にする、血圧の上昇を抑える、

アレルギーによるかゆみを抑える、中性脂肪の増加を防ぐ、などの働きがあるといわれています。

ヘスペリジンは、小袋や白い筋の部分に含まれています。


食物繊維みかんには、便秘や大腸がんを防ぎ、腸をそうじしてくれる食物繊維も多く含まれています。

ヘスペリジンと同様、小袋や白い筋の部分に含まれているので、みかんは袋ごと食べるとよいでしょう。


クエン酸
みかんには疲労を回復させる働きがあるクエン酸や、血液を弱アルカリに保つミネラルなども含まれています。


β-クリプトキサンチン
最近注目を浴びているのがみかんの色素成分であるβ-クリプトキサンチンです。

このβ-クリプトキサンチンには、発がんを抑える効果があるといわれています。


icon76みかんに期待できること
風邪の予防 、美白 血管を丈夫にする、 動脈硬化を防ぐ、 夜盲症を防ぐ、 粘膜の働きを整える、

肌の潤いを保つ、 毛細血管を丈夫にする、 血圧の上昇を抑える、

アレルギーによるかゆみを抑える、 中性脂肪の増加を防ぐ、 便秘や大腸がんを防ぐ、

疲労を回復する、 血液を弱アルカリに保つ、 発癌を抑える、などたくさん有ります。
(こんなに有るとは・・・)

みかんの美味しい季節です、1日2個を目安に食べて下さいね。


今日の一言

焦っては事を 仕損じる。

大丈夫。

あなたのペースで大丈夫。
  


Posted by くう達者 at 14:01Comments(2)人に良いで食