スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年09月30日

妊婦には、カルシウム。




生まれてからも元気で育って欲しいからね。この笑顔最高face02

妊婦さんに必要な栄養素で、最後はカルシウムです。

icon76何故カルシウムが必要かicon79

妊娠中は、おなかの赤ちゃんの体を作るために、カルシウムをどんどん使います。

摂取量が不足していると、お母さんの骨の中のカルシウムを溶かし、

赤ちゃんに送っていくので、赤ちゃんの発育には心配いりませんが、

このため、お母さんが骨粗鬆症になったり、歯がもろくなったりという影響が出ることもあります。

自分のためにも、カルシウムはしっかりと摂らないとダメなんですよ。


また、妊娠していない人も、妊娠したときに備えて、カルシウムをしっかりとり、

十分に蓄えていくことが必要ですよ。

カルシウムを多く含む食品
チーズ、牛乳などの乳製品、煮干し、ししゃも、小松菜、がんもどき、木綿豆腐、ひじきなど


icon76最近多くなっている骨粗鬆症の予備軍の人は、妊娠した時に危険です。

元々骨がスカスカに近い状態から、赤ちゃんにカルシウムを送ってしまうので、

余計にスカスカになってしまいます。

これから赤ちゃんをと、考えてる女性は、日頃から意識してカルシウムを

摂るようにして下さいね。



今日の一言

与えた事は、必ず自分に帰ってくる。

善い事も、善くない事も。



  


Posted by くう達者 at 14:08Comments(4)知っとく