Posted by at

2010年08月11日

女性必見!




今日は台風が来てますね。

みなさん気を付けて下さいよ。

今日は女性にとって、気になるお肌と食べ物の事を書いて見ますね。

写真の女の子の様な、お肌プルプルって理想ですよねface02

肌トラブルは紫外線やエアコンなど、外からの刺激も原因ですが、 実は、それだけではありません。

皮膚は内臓の鏡」といわれるように、内臓など体の不調も、肌の不調につながります。

病気や不規則な生活、ストレスなどがあると、皮膚のトラブルを起こしやすくなります。

キレイな肌を保つためには、健康な身体でいることが重要ですよ。

美しい肌を内側から保つためにも 規則正しい生活、栄養のバランスが整った食生活を心がけてね。


icon76潤い・滑らかさを保つために
潤って滑らかな肌の絶対条件は、肌の乾燥を防ぎ、保湿をすること。

肌の潤いや、ツルツル肌に活躍してくれるのがビタミンA。

レバー・うなぎや、色の濃い野菜(人参・かぼちゃ・モロヘイヤなど)に多く含まれています。

icon76ハリ・弾力を保つために

指で触ると、プルプルと弾力のある肌」の秘訣はコラーゲン。

コラーゲンは、ベッドでいう「スプリング(バネ)」の役割をしています。

このバネが、ハリ・弾力を保ってくれます。

ただ私たちは、年を重ねるごとに肌のコラーゲンの量が減ってくるので、

肌の弾力を気にするのなら、積極的に食事から取り入れてあげましょう。

また、ビタミンCを一緒に摂ることで、コラーゲンの生成がパワーアップします。

icon76血色・つやを保つために

女性なら、いまいち肌の色がさえない、目の下のくまが気になる時ってありませんかicon79

くすみや、くまの原因の大きな原因の一つが血行不良。

そして血行を良くするために効果的なのが、ビタミンE。

ゴマやナッツ類、かぼちゃなどに多く入っています。

icon76肌荒れを防ぐために

吹き出ものなど、皮脂バランスの乱れからくる肌荒れにはビタミンB群が効果的。

ただ、ビタミンB群は、現代人の食生活で不足しがちです。

米や豆、納豆、赤身の魚などに多く入っているので、積極的にとりましょう。

どうです、ちょっとは役に立ちそうかな・・・


夏は紫外線だけがお肌の天敵じゃなく、日頃のストレスや食生活も関係するから

栄養バランスに気を付けて、食事してくださいね。



今日の一

輝く未来は

今の積み重ね。

  


Posted by くう達者 at 12:50Comments(4)知っとく