Posted by at

2010年07月28日

夏食は、これだあ!


栄養を取って疲労回復、スタミナをつけましょうicon77

スタミナ食」品目ごとに ご紹介しますね。

うなぎの蒲焼
疲労回復に効果があるとされるビタミンB群をはじめビタミンが豊富で、
エネルギー源となる糖質、たんぱく質、脂質も含まれている。

カレー
カレーに含まれる多くの香辛料には、食欲増進や体の調子を整える効果がある。
また、肉や野菜、主食がバランスよく摂れる。
<(キムチ料理
材料の唐辛子に含まれているカプサイシンには、食欲増進や新陳代謝を高める効果がある。
そのまま食べるほか、炒め物や鍋物にもする。

ゴーヤチャンプルー
にがうりには、豊富なミネラルやビタミンCが含まれている。
苦味の成分モモルデシンには、胃腸の働きを活発にし、食欲を増進させる効果がある。

ジンギスカン
羊肉に多く含まれるカルニチンには、エネルギー生成を活発にして疲れにくくする効果が期待できる。
また、ビタミンB群、Cなどビタミンも豊富である。

とろろご飯
とろろに使われる山芋は「山のうなぎ」とも言われる。
山芋には、消化を助けるジアスターゼや、たんぱく質の吸収を高めるムチンが含まれている。

ニラレバ炒め
レバーに豊富に含まれるビタミンB群は疲労回復に効果があるとされる。
ニラに含まれる硫化アリルと一緒に摂取すると、吸収効率が高まる。

にんにく料理
古来から滋養豊富といわれ、強い殺菌作用や疲労回復に効果があるとされる。
そのまま食べられるほか、肉料理や炒め物などに多く使われる。

豚のしょうが焼き
豚肉には疲労回復に効果のあるビタミンB群が豊富に含まれる。
また、しょうがには胃腸の働きを活発にし、食欲を増進させる効果がある。

焼き肉
肉に含まれるビタミンB群、たんぱく質は、夏バテの主な原因でもある筋肉疲労を
回復させる効果がある。唐辛子、にんにくなどの香辛料が食欲を増進させる。


(体内の酸化と栄養不足との勘違い

同じ疲労感を感じていても、脳や筋肉の使い過ぎで体内の細胞が酸化する場合と、

栄養が不足している場合とでは、回復の方法が違います。

脳や筋肉の使い過ぎの場合は十分な睡眠やリフレッシュで、回復を見込むことができます。

しかし、無理なダイエットや偏った食生活での栄養不足は、きちんとした食事が必要です。

あなたが「疲れた」と感じたときに、その原因を考えるのも、疲労回復の近道ですよ。

これを参考にして頂いて、夏を乗り切って下さいね。


今日の一言

大丈夫、今思っていること、

必ずうまくいくよ。
  


Posted by くう達者 at 18:14Comments(4)知っとく