Posted by at

2009年03月31日

心のケアは食事の見直しから!2

icon77icon59




昨日の続きで、「心のケア」は「脳のケア」で、日頃の食事の習慣を

見直すことで、「」の落ち着きや、やる気も違ってきますよicon100

 「脳」の事をちょっと調べてみると、ビックリ

脳内の新陳代謝、つまり神経細胞の新生がスムーズに行われなくなると、

うつ病」「統合失調症」になりやすいと言いますicon95

脳細胞を作るのは、タンパク質で、心を落ち着かせる「セロトニン」や快活にする

ドーパミン」などの神経伝達物質もタンパク質から出来ています。

脳の新陳代謝に必要な「酵素」もタンパク質

なんと、脳に含まれるタンパク質の量は、

脳の乾燥重量の40%icon59それもかなりの超スピードで、

入れ替わっているといいます。

 タンパク質の代謝には、一緒に働くビタミン&ミネラルも必要です。

脳が正常に機能するためには、神経細胞そのものと、65種類以上もの

神経伝達物質に関わる栄養素の両方が必要ですicon77

 さらに詳しく書くと、

ブドウ糖、アミノ酸、乳酸、核酸、ビタミンB1、B2,B6、B12、ビタミンC、

ビオチン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、コリン、カルシウム、ナトリウム、

マグネシウム。これらが1つでも不足すれば、脳の働きに影響を与え、心も身体も

大ピンチicon59と言われます。(俺なんか、ぜんぜん取れてないしface07


まあ小難しい事書きましたが、それだけ「脳」は「心」、1番大切な場所なんですよface01

そして、1番働いてくれている所なので、やはり栄養もたくさんいると言う事ですface02

それと、話は少しズレルかもしれませんが、

 だから、子ども達を「叱る」時も、頭を「タタク」と言う事は「脳神経細胞」を壊すと言う事に

繋がるので、お父さん、お母さん達は気をつけてねface02


続く・・・




あなたの身の上に
すべての豊かさが
雪崩の如く降り注ぎますように・・・face02
  


Posted by くう達者 at 11:58Comments(4)出来事