スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年01月14日

便秘に効く食べ物!





最近、「居酒屋くう達者」には、かわいいお客様が多くなって嬉しいですねface02

今日は便秘に効く食べ物について書いてみますねicon100

icon76便秘に効く食べ物!

 便秘のときは「りんご」が効果的ですよ。icon124

これに含まれている「ペクチン」という成分の働きで、腸が活発に働き、

しかも水分が便通を良くしますから、優れた効果があるわけです。

食べる時間は、出来れば寝る前がより効果的です。

 また、りんごは皮をむかずに丸ごと食べることが良いです。icon124

何故かと言うと、ペクチンは皮に多いので早く便通がもどるんです。

 そのまま丸かじりしてもいいのですが、その場合は無農薬のりんごがいいと思います。

更に、早く効果を得たいときには、すりおろしが近道ですよ。


そして、口コミサイトなどをのぞいて見ると、いろんな物が出てましたよ。

水(朝起きてすぐに常温の水を500ccに、にがりを20滴入れて、

朝・昼・夜・寝る前の4回飲む)

因みに僕は、沖縄の宮古島のにがりを飲んでました。(一時沖縄に住んでいたのでicon194

これは最高に効果ありましたね。

それに変な話だけど、うんこの色は「オレンジ色」になり、毎日気張らなくても

ゆっくり、するっとでてくれるので気持ち良かったですねicon195


話を戻しますと、食べ物だと、

にんじん、 ほうれん草、 とうもろこし、 ブラックマッペもやし、

さつまいも、 里芋、 白菜、 たけのこ、 そら豆、 春菊、 にら、

ごぼう、 レタス、 チンゲサイ、 みかん、 オレンジ、 いちじく、

なし、 桃、 あんず、 すもも、 キーウィフルーツ、 バナナ、

アボカド、 くるみ、
 などなど・・・。


肉類ばっかりの食生活は、たんぱく質や脂肪を栄養源にする悪玉菌を増殖させる環境を作り、

腸内環境は最悪状態。

更に、野菜不足なると食物繊維が減少し、便秘になりやすくなります。

食物繊維で便秘解消

 では、食物繊維の多く含まれる食べ物とはなんでしょうか。

栄養学的から見ると、キクラゲや干ししいたけ、干しひじきなどが、

ずばぬけて上位なんですが、実際のところ、沢山の量を食べるのは無理ですicon09

 実際に食べるとしたら、まずおすすめなのは、朝に納豆と味噌汁とごはんですね。

豆類、穀類、海藻類、きのこ類、芋類には豊富に食物繊維が含まれています。

食物繊維が腸の働きをサポートします

便秘解消に最も効果的なのは、食生活の見直しです。

肉類に片寄った食生活は、たんぱく質や脂肪を栄養源にする悪玉菌を増殖させやすい環境を作ります。

また、野菜が不足すると食物繊維が減少し、便秘になりやすくなります。

食物繊維の大半は消化されずに腸へと運ばれ、便の量を増やしたり、

善玉菌のエサとして腸内環境を改善するなど、排便を促進する働きがあります。

食物繊維は水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水にとける水溶性食物繊維に大別できます。


水溶性食物繊維は、小腸での栄養素の消化を抑え、遅らせます。

また、有害物質を吸着し、体外へ排出します。水溶性食物繊維を含む食品としては、

リンゴ、ミカン等の果物、イモ類、キャベツや大根等の野菜類、

昆布やわかめ等の海藻類等にも含まれます。


不溶性食物繊維は、腸の蠕動運動を促進し、便の通りを良くします。

また、腸内で水分を吸収し容積を増加させ、便の量を増やし、排泄を促進します。

不溶性食物繊維を含む食品としては、大豆等の豆類や玄米等の穀類、ごぼう等の野菜にも含まれます。




便秘には、食物繊維の食べ物を取ることと、更に腸内細菌も深く関係しています。

腸内細菌には、大きく分けると、

身体に有益な働きをする善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌があります。

これらの腸内細菌バランスは年齢や環境に応じて変化していきます。

腸内細菌の中で、今最も注目されているのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌は善玉菌としては腸内に一番多く住んでいて、腸内全体の菌数の10~20%になりますicon77

このビフィズス菌をさらに増やすことによって、便秘の解消(便通の改善)はもちろんのこと、

食中毒の予防、免疫力の調整、生活習慣病の予防まで、たくさんの効果が期待できます。

逆に、ビフィズス菌が減り、悪玉菌が増えてくると、便秘など様々な病気のきっかけとなります。 

つまり、便秘を解消するためには、ビフィズス菌をできるだけ増やしてやることが重要になります。

このためには、下の要素を持った食事をすることが大切ですよ。


便秘に効く食べ物

①善玉菌(ビフィズス菌)の餌になるものは、オリゴ糖で、
野菜、豆類、乳製品などに含まれる。

②善玉菌(ビフィズス菌)の増殖を助けるものは、納豆菌、乳酸菌で、
納豆、ヨーグルト、漬物などに含まれる。

③善玉菌(ビフィズス菌)の育つ環境を作るものは、食物繊維で、
野菜、穀類、海藻、豆類、果物などに含まれる。

便秘に効く食べ物、ビフィズス菌を増やす食べ物、
生活習慣病を予防する食べ物、免疫力を高める食べ物は、
すべての基本は同じなんです。


穀物、野菜を中心としたバランスの取れた食事をすること、

すなわち、日本の古くから伝わってきた伝統の食事をすることなんです。

特に、玄米、緑黄色野菜、イモ類、豆類、海藻、果物、

そして納豆、味噌汁、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品を

毎日食べるような習慣が便秘解消や、健康を手に入れる事に繋がるんですよ。


また、今までは野菜や果物などの食品から補っていた酵素ですが、

加工食品を食べることの多い現代人は体内の酵素量が不足してしまい、

消化不良を起こしたり、腸の中に老廃物がたまって便秘になってしまう方などが増えています。

酵素を食品で補って便秘を解消しましょう。


どうしても食事で足りない場合には、くう達者が見つけてきた冬虫夏草「酵活」

をお奨めします。

冬虫夏草「酵活」は酵素を活性化するという「冬虫夏草・オリゴ糖・ECM-E」

の3つのトライアングルから出来ているので、腸内環境を改善できる最高の商品なんです。

毎日の食生活に是非加えて見て下さい。


あなたの身の上に
すべての豊かさが
雪崩の如く降り注ぎますように・・・
face02  


Posted by くう達者 at 05:28Comments(4)人に良いで食