Posted by at

2008年11月15日

冷凍食品!!!




冷凍食品は、電子レンジのお蔭で便利になり、日常の食生活の中で必要不可欠に

なって来てますよね、ご主人や子供のお弁当なんかにもね。

「チン」して解凍。温めれば「すぐに食べることができるし。」

食材としても、企業の社員食堂やファミリーレストラン、ファーストフード向けの冷凍食材として出回っているし。

「業務スーパー」で大量に安く売ってるし。

 しかし、出回る冷凍食品の大半が「輸入もの」で、「中国」製がその多くを占める様になってるんですよねicon59

社団法人・日本冷凍食品協会によれば、平成17年(1~12月)の国内生産量は、

およそ153万9000トン。

これに対して「中国」製の輸入量は187万7455トンを占めていますicon59

国内の生産量を「中国」製が上回っているんですicon59

 この冷凍食品は、食中毒を起こす細菌も一緒に冷凍保存されているicon60

 特に人気が有るのが、コロッケ・ハンバーグ・カツなどです。

冷凍食品は急速冷凍するので、すっかり安心かと言うと、

そうでもなくて、結構添加物が多いんですface07

 例えば、「ウインナーポテトフライ」と言う冷凍食品があります。

原材料名の表示を見ると、「亜硝酸塩」「リン酸塩」「エリソルビン酸Na」「増粘多糖類」icon77icon95

これらの添加物が入ってる物は、絶対買ってはダメですicon09icon95

 「このまま電子レンジであたためて食べられます」と書いてあっても、あまり信用せず、

陶磁器のお皿等に移してから加熱したほうが良いですよ。

 そして、「フライもの」で気をつけたいことは、必ず二度揚げをします。

冷凍してあるからといって、菌は死滅しているわけではないんですface08

生きたまま活動を停止して冷凍され、冬眠状態とも考えられるからですicon196

 調理で十分に加熱されれば殺菌できますが、冷凍したまま加熱するため、

中心部分の温度が上がりにくいので注意してくださいよ。

 ある調査によると、冷凍のかにクリームコロッケを170度の油で5分間揚げても、

中心温度は最高で51度までしか上がらなかったそうですface08

 万が一菌が入っていたら、菌が死ぬどころかむしろ増殖するのに

絶好の条件になってしまっていますicon41ので、

そのまま子供のお弁当に入れてでもした大変なことに・・・icon10

 そこで、。しばらく間をおいて2度揚げをおすすめします。

そうすると、中心温度が89度以上に上がるため殺菌が完璧に出来たそうですからicon100

 オーブントースターで加熱する物なら、アルミホイルをかぶせてすると、

中心まで焦げずに加熱できますよ。

あなたに全ての良き事が雪崩のごとく起きますicon14icon14icon14
























  


Posted by くう達者 at 14:01Comments(2)出来事