Posted by at

2008年10月21日

野菜の安全な食べ方!だいこん




icon76農薬をあびている葉の部分は、特に細心の注意を払って調理する

icon97「流水でよく洗い、必ずゆでる」という手順で不安は解消icon77

今は1年中出回っている大根ですが、元々は寒い季節の野菜なんですよface02

おでん」に入れたり、「ブリ大根」や「ふろふき大根」など、冬の家庭料理を満喫させてくれる無くてはならない、

食材ですよねicon100

 それで、良い土壌で育った大根は、白くてツヤがあります。また、ひげ根のあとが少なく、

ひげ根の穴そのものも小さいのが特徴ですね。
旬は10月~3月ですよ。

 使い初めに、水を流しながらスポンジを使ってこすり洗いをしてください。

泥をしっかりと落として、万が一にもダイオキシンに土壌が汚染されていても、これで不安は解消icon105

更に、皮をむけば、もう問題はありませんicon100

 問題は、大根の葉を使う場合です

葉は地上に出ているので、農薬を浴びて、それが葉に残っている心配があるんです。

 味噌汁や炒め物に使うときは、直接ほうりこんではダメですicon95

 まずは、流水の中で良く洗い、2cmほど切って、熱湯で約2分ゆでてくださいね。

そして、冷たい水にさらして、水気を絞ってから、料理を初めてください。

 この「ゆでる」がキーポイントですよicon53

この手順で実行してもらうとなんら心配はないですからね。

 大根は消化酵素のジアスターゼを含み、食物繊維も多いので消化を助けます。

また、ガンを予防する働きがある食物繊維成分のリグニンや、

イソチオシアネート、インドールなども含まれているんですよ。

 これから寒い季節にはかかせない大根、安心して召し上がれface02

あなたに全ての善き事が雪崩れのごとく起きますicon22icon22icon22




  


Posted by くう達者 at 10:38Comments(2)人に良いで食