Posted by at

2008年08月02日

暑いねえ!



昨日はあんまり暑いから、「ガリガリ君」を食べた、初めて食べた。

早く食べ過ぎて、頭痛くなったicon11

なんでもガツガツ食べたらアカンねface07

icon76「加工食品とおかずの安全な食べ方」

今日はハムでっせえicon77

発ガン性が指摘される添加物が数種類も含まれていますicon59face08

icon97icon100使う前に熱湯にくぐらせるだけで除毒できるよ

ハムは添加物の多い食品です。

特にハムに使われる添加物で、発ガン性が指摘されるのが、

「保存料(ソルビン酸K)」、「リン酸塩」「発色剤(亜硝酸塩、亜硝酸K、硝酸K)」、「コチニール色素」

これらが全て含まれていないハムが、良いハムですよicon105

でも、店頭では中々お目にかかれないのが、現実みたい。

せめて、ソルビン酸Kが入ってないものを選ぶといいよ。

「ビタミンC」の表示があるものは良い。

icon76安全に食べる方法icon09

そのまま食べるときは、50度くらいのお湯にハムを10秒ほど漬けて振ります(湯振り)。

これで添加物がお湯に溶け出し、減らすことが出来るんですicon100

ハムはスライスしてあるので、この程度の時間で十分です。

ハムのコシは少し無くなるけど、発色剤などを大分減らせるので安心ですよ。

炒めたり、スープに入れたいときは、食感をそれほど気にしなくていいので、

1分位お湯に通しておくと更に安心。

ウインナーも、表裏合わせて6本以上の切れ目を入れてお湯に1分位通しておくと良いですね。

icon76ハムの添加物の不安を取り除いてくれるのが

キャベツです。

 キャベツに含まれているベータ・カロチン(体内でビタミンAに変わる)、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、

食物繊維添加物の害を防いでくれます。

icon53因みに、リン酸塩は、たくさん取ると

カルシウムのバランスを崩して骨を弱くし、鉄分の吸収の邪魔をして貧血を招くと言われていますから、

特に女性はご用心。

 なので、キャベツのカルシウムは吸収されやすいので、リン酸塩の害を防ぐのに最適なんですicon01

「ハムとキャベツの炒め物」を、解毒メニューとして、普段の食事に取り入れてはどうかなicon66

くうて達者になってねface02

じゃあねicon23icon64
  


Posted by くう達者 at 13:08Comments(5)人に良いで食