Posted by at

2008年03月04日

子供は素直!



少しご無沙汰でした。

何かと人生色々ありますなあicon77

今年は何かある予感がしてきましたicon100

来年3月が僕の人生の「ターニングポイント」になりますねicon100

いやあどきどきしますicon58

何か今日は独り言が多いでしょうicon79また、そのうちゆっくりと書きますね。

この間の続きで、子供のこと書いてみたいです。

icon76性を考えることは、生命を尊重すること


子供からよく聞かれる質問の1つに、「赤ちゃんはどこから生まれて来るのicon79」ってありますよね。

子供にとってこの質問は、自分の存在を明らかにする、自我を形成する基本的な、どうしても

欠かせないものです。

 子供が理解できる程度に合わせて良いですが、「赤ちゃんは、お腹の中の子宮ってところで

大きくなって、膣口から生まれてくるのよ」と正確に教えてあげたいですね。

 その際には、いわゆる帝王切開と呼ばれる、麻酔を掛けて痛くないようにしてから、お腹を切開

して生まれる場合があることも伝えてあげましょうよ。

 icon76気を付けて欲しい点は・・・

うそをつかないことですicon09

子供は、案外、親の言葉を覚えているものですicon77

気まずさから親がうそをついたと分かると、どこかで親の言うことを信頼しなくなっていきます。

僕がまだ大阪にすんでいる時、「お前は小さいとき、あそこの橋の下で拾って来た子やでicon77」って言われたことがありましたけどね(笑)

これはひどい例ですけど、特に出生に関するうそは、成人した子供にも悪影響を及ぼすことが

あります。

ある知り合いの女性で、学生さんですが、幼いころに親から帝王切開で生まれたと言われて、

ずっと信じていたところ、ある日に、

あれはうそだと言う事を知らされたそうですicon11

その後しばらく、「原点を失った」と言って、体調を壊すほどショックを受けたそうですicon11

 出生に関する話は、子供にとって神経質なものであるので、注意して話してあげてくださいね。

なにはともあれ、「あなたが生まれた時はこういう感じだった」と言う親子の会話はとても大切ですね。

子供がお腹の中にいた時の状況や、出産した時の状況などを伝えることで、親子の絆は更に

強くなるでしょうねicon100

子供は全ての事に興味深深です。そんな子供に本当の事を、正直に話をしてあげたら

素直に聞いてくれますよicon105

親子だからね。大丈夫・大丈夫・・・。

ほんじゃあicon23
  


Posted by くう達者 at 13:09Comments(3)出来事