Posted by at

2007年12月19日

お好み焼き!大阪人だからね。



大阪名物「お好み焼き」は、好きで自宅でも結構作って食べてましたね。

このお好み焼き、実は栄養抜群なんでえすよicon77

icon76お好み焼きは意外にも栄養抜群のバランス食

お好み焼きの基本材料は、肉や魚介類にたくさんの量のキャベツ、卵、小麦粉などであるが、

実は栄養的に大変バランスがとれた料理なのです。

 まず、タンパク質が豊富ですね。肉や魚介類に卵が加わると、タンパク質が増加するだけ

でなく、卵の良質なタンパク質の価値を、より高めると言うメリットがあります。

タンパク質は、体力を増し、免疫力を高める、健康には必要欠くことのできない栄養成分である。

また、今、若い人の野菜離れが問題になっているが、その点でもお好み焼きは理に適った料理

ですね。

だって、ビタミン類やミネラルだけなく、さらに、食物繊維の大きな供給源にもなりますからね。

なんたって、お好み焼きにはキャベツがふんだんにはいってるでしょ、ソースの上に掛ける

かつお節や青海苔の栄養もバカにできないんですよ。

青海苔は、鉄分が豊富で、食物繊維もあるので、たっぷり掛ければ、なかなか良い栄養補給に

なりますからね。かつお節もカルシウム補給ですしね。

また、目の前で作って熱熱で食べれるところがいいですよね。

もともとお好み焼きは、江戸時代では、女性たちの遊びの料理だったらしいのですicon77

それが、明治時代になり子供に人気がでて、、やがて、安くて栄養がありお腹も膨れるというので、

大阪を中心に人気が出て行ったようです。

お好み焼きは、家族や仲間の団欒に役立つ食べ物なんで、現代の日常食生活に是非取り入れて

欲しいと、くう達者は思っている今日このごろです。

  


Posted by くう達者 at 13:29Comments(5)人に良いで食