Posted by at

2007年10月17日

薬になる野菜!しょうが!



日頃の生活習慣が悪いと、この季節の変わり目なんかで風邪をひきますよ。

今日は、そんな時に役に立つ「薬になる野菜!しょうが」をご紹介しましょう。



icon76しょうがとは?何者?

原産地はインド。独特の辛味と香りが持ち味。

辛味成分は、ジンゲロン、油性ショウガオールで、臭み消しや強力な殺菌作用を持ち

吐き気を抑え、食欲を増進させる働きがあるんですicon77

更に、芳香成分により、発汗、解熱、健胃、消炎、保温作用などがあるので、

風邪、下痢、腹痛、胃痛、肩こりなどに薬効があるんですicon77

icon76風邪をすばやく治すしょうが湯

しょうがの発汗、解熱作用を利用します。

しょうがの使い方は、風邪により色々ですが、一番早く効くのが、

しょうが湯ですicon77

しょうが1欠けら10g位をすりおろし、これに熱湯を加えてあつあつを飲みます。

身体が温まり、汗が吹き出てきますよ。

それで、熱が下がったら成功ですね。明日は大事なテストや、打合せと言う時には、

短期撃退法として最高せすよ。

忘れちゃいけないのは、汗を吸収すること。肌着はマメに着替える事。

また、せきやのどの痛みが有るときは、これにハチミツを入れると更に効果的ですicon77

それでも、のどの痛みが引かない時には、別に、塩水にしょうが汁を加えてうがいをしてみると

のどの痛みが早く好くなりますicon77

熱が出た時は、くず湯が早く効くicon100

くず粉を水で溶いて火にかけ、少しとろりと粘ってきたら、砂糖とおろししょうがを加えます。

身体が温まり、ゆっくり休めば熱も下がり元気が戻りますよicon100

icon76胃腸の調子がおかしい時には、しょうが汁

食欲がない、胃腸の調子がおかしい、下痢ぎみ、おなかが痛いなどの時には、

しょうがの辛味と香りによる胃液分泌作用、消化作用、殺菌、消炎作用、食欲増進効果を

利用します。

しょうが50~100gほどをすりおろし、しぼり汁をそのまま飲むか、お湯で割るかブランデーを

少量加えるなどして飲みます。(しぼり汁は二日酔いにもいいよ。)

効き目が早く、効果絶大ですicon100

icon76胃痛に良く効く黒焼き

胃痛、胃炎、の場合にはしょうがの薄切りを焼いたものを利用します。

胃痛、胃炎もそれほどひどくない、シクシク、チクチクと言った痛みの時は、

しょうがを薄くスライスしたもの5~6枚をアルミホイルに包んで焼きます。

これを器に入れて上から熱湯を掛けます。そして、上澄み液を飲むと、

シクシクが治まってきますよicon77

  


Posted by くう達者 at 13:19Comments(9)人に良いで食