スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年09月17日

風邪ひかない!野菜特集!



かわいいでしょう!野菜大好きっ子なんです。

icon76さつまいもは風邪の予防に効き目ありicon77

ビタミンCが含まれているので、これがのどの粘膜を強くし、風邪に掛かりにくくします。

また、このビタミンCは熱でも壊れないので、冬にはビタミンC補給の意味からも食べたいものです。

焼き芋、ふかし芋などなど・・・。

icon76蓮根は風邪の引き始めの特効薬icon77

蓮根を栄養的にみると、主成分はでんぷんですが、食物繊維を多く含み、

ビタミンCも多く、滋養強壮のためにも有効な食べ物です。

蓮根のしぼり汁には風邪の特効薬としての薬効もあります。

背中がぞくぞくして、風邪をひいたかな?と思ったら是非試して見てください。

生の蓮根をすりおろし、ペーパータオルに包んでしぼり、しぼり汁100ccほどに、

少量の蜂蜜を加え、あつあつのお湯を注ぎます。これを一気に飲み、

暖かくして休みます。身体が芯から暖まり、発汗作用が生じ、楽になります。

引き始めには欠かせない特効薬です。

icon76風邪の予防には、かぼちゃ料理icon77

かぼちゃに含まれるカロチンとビタミンCは、粘膜を丈夫にする作用があるので、

いつもかぼちゃを食べていると、風邪を予防することができます。

食べ方と言うと、煮物や天ぷら、味噌汁、サラダ、蒸し物などもいいですね。

パンプキンパイやプディングなどのお菓子もいいですよ。

クリーム煮は、冷え性人に向いています。

かぼちゃの保温作用を利用して、風邪を引かない様身体の中から暖めてくれます。

icon76ブロッコリーは、風邪の予防に最適icon77

1年中出回っていますが、秋から冬に掛けては、風の予防の為に多いに食べてください。

理由は、ビタミンAとCがのどや鼻の粘膜の抵抗力を高めてくれるので、風邪のウィルスが

繁殖するのを防いでくれるのです。だから、粘膜を丈夫にするためには、ブロッコリーを

せっせとたくさん食べてください。

さっと湯でて、ドレッシングやマヨネーズ(僕はマヨラーです。)うを掛けてたべたり、

バターソテー、グラタン、シチュー、スパゲッティーなどもいいよね。

以上風邪の特効薬でした。

お役立て下さい。  


Posted by くう達者 at 16:52Comments(5)人に良いで食