スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年09月06日

くう達者!健康は食から!



久々に山口のレストランの社長から注文が入って嬉しくなって、ブログ書いてます。

注文は「沖縄もずく」なんですけどね!

上の写真は、沖縄の海の中で育ってる、もずくの様子なんです!

僕が取り扱ってるのは、宮古島の「もずく」なんです。

以前沖縄に住んでたので、飛び込みでお願いして取引させて貰える様に

なって今に至るよ言う感じなんですけど。

とにかく、「太い」「食感がシコシコ」「塩甘くて美味しい」んですよ!

更に、海水中のミネラルを十分に吸収した元気な宮古島のもずくは、

カルシウム・カリウム・鉄・ヨードといったミネラルが豊富に含まれていて、

もずく特有のぬめりが、食物繊維でコレステロールを下げ、

体内で生じた有害成分の毒性を抑える働きが認められています。

便秘にも効果的でその上ノーカロリーですからダイエットにもぴったりの美容食です。

また、ノンカロリーなので、いくら食べても太ることはありません。

さらに、緊張とストレスの多い現代社会において、ストレスの緩和にも役立っています。

もずくのスゴイ効果をご紹介しますよ!
 1.ガン細胞を攻撃する力を増加させ、免疫力を高めます。

 2.高血圧やコレステロールを抑制するため、動脈硬化、心筋梗塞などを予防します。
ねっ!すごいでしょう!


これは、「グリーンキャビア」とも呼ばれている、「海ぶどう」です。

海ぶどうとはクビレヅタという海藻のことをいい、1つの房にたくさんの粒々が付いているのが特徴です。

知っている人は知ってる!お酒の摘みにもいいんですよ!

お洒落なicon116カクテルグラスに「海ぶどう」と

少々水を加えて、食するんです。もう食感がたまりません!

現在、天然物の海ぶどうは(国内において)宮古島以南でしか収穫できないそうで、

その量は非常に少なく、 流通されているもののほとんどが養殖物であると思われます。

この「海ぶどう」は、気温が10~30℃で保存しないとすぐに萎びてしまう上、

賞味期間も収穫後 約1週間と非常に短いためナマで扱うのはとても大変な商品なのです。

そのため、保存のきくように塩漬けなどにしている海ぶどうがあるのです。

が、プチプチとした食感を味わうにはやはり生の海ぶどうでないと・・・!!! 

「プチップチッ」と口の中ではじける感じは、イクラとは全然違うんですよね!

生ですから、味付け無しで、海の塩味だけで食べるんです「うまい!!!!」

食べた人にしか解からん解からん。

みんなに食べさせてあげたいなあ!

  


Posted by くう達者 at 14:44Comments(9)人に良いで食