Posted by at

2006年12月26日

年末に飲む人へ!

年末になり、お酒を飲む機会が増えるこの時期に、

自分がお酒が飲めるのか飲めないか解からない人の為に、

エタノールパッチテストをお勧めします。

 これは、保健指導マニュアル作成検討会報告(平成14年3月・厚生労働省健康局)に

載っていたものです。

 まず、用意するものは、消毒用のアルコール(濃度70%)、

時計、ガーゼ付きばんそうこう、スポイトです。

 テストの方法は

①ばんそうこうに消毒用アルコールをスポイトで2~3滴たらし湿らせます。

②手の下腕部なかほどの内側で、皮膚の柔らかいところに貼ります。

③7分たったらはがします。

④ばんそうこうをはがして10分後に反応をみます。

●飲めない体質の人は、エタノールのあとが赤くなります。

●飲める体質の人は、何の反応もでません。

詳しいみかたは、

A・ばんそうこうをはがした直後に赤くなっている人はALDH2不活性型でお酒が飲めない体質です。

B・ばんそうこうをはがした直後は赤くなっていなかったが、

10分後には赤くなっている人は、ALDH2低活性型でお酒に弱い体質です。

C・ばんそうこうをはがした10分後、

肌の色に変化がない人はALDH2活性型でお酒に強い体質です。

飲みすぎに注意してください。

このパッチテスト形式の体質判定テストは

個人のアルコールに対する体質を知らせる事が出来るだけでなく、

①アルコール依存症やアルコール関連疾患、急性アルコール中毒のリスク 

②妊娠中の飲酒のリスク 

③女性や高齢者は害を受けやすい事 

④健康日本21での飲酒の目安としての1単位の紹介等についても

住民に注意を喚起する方法として効果的です。

※ALDH2 → アルデヒド脱水素酵素  

アルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドになり、

アセトアルデヒドは、毒で血管拡張、赤面、頭痛、吐き気・嘔吐などを引き起こします。

このアセトアルデヒドを分解して無毒の酢酸に変えるのが、アルデヒド脱水酵素です。

 是非、試してみてください!!
  


Posted by くう達者 at 20:20Comments(0)清酒