スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2006年11月21日

焼酎の甲、乙?

今、メルマガを休止しているので、

店長日記で簡単なお酒についての紹介、

説明を時々・・・たまーにして行こうと思います。

 私がたまに、アトラスのお店に立っていると時々、酒について聞かれますので、

今回は、本格焼酎について。だいたい本格焼酎て何?

焼酎に本格である焼酎と本格で無い焼酎がるの?

と焼酎に詳しくない人は言いたくなりますよね。

もちろん私が知るわけ無いので!

伊藤社長、説明お願いします。

 伊藤社長: 焼酎は酒税法上、甲類と乙類に分けられ、甲類は連続式蒸留で匂いを消した焼酎。

乙類を本格焼酎と言い、原料の風味を活かした焼酎です。

もっと詳しく話すと甲類は、連続蒸留機によって得られた純粋のアルコール分を36%未満まで・・・

 あの~、すみません伊藤社長。

詳しく説明されてもよく判りません。

先の説明で十分です。

ありがとうございます。

 との事です。

判りましたか?

なかなかこう言うことは、私を含めて、一般の方は知らないですよね。

私はいつも伊藤社長に聞いています。

その後、いかにも知っていたかの様に得意げに話しています。

伊藤社長は、お酒については、よ~く知っていますので、

聞きたいことがあれば、メールでも、書き込みでもいいので、聞いてください。
  


Posted by くう達者 at 18:28Comments(0)焼酎